バランスよく

生え際が気になる

薄毛治療にいいのが質のいい睡眠、適度な運動、バランスの良い食事です。夜寝ている間は髪の毛が成長する時間です。夜10時には布団に入り、12時にはぐっすり眠っていると髪の毛の成長にプラスになります。 適度な運動も大事です。抜け毛に強い丈夫な髪の毛を育てるには頭皮の血行を良くする必要があります。頭皮まで血行を届けるには、血液を運ぶポンプの役割がある筋肉が必要です。筋肉がない貧弱な体だと血液が全身に行き渡らなくなります。 そしてバランスのいい食事を摂ることも大切です。髪の毛にいいのは「良質なたんぱく質」「亜鉛」「ビタミンB」です。卵、納豆、焼きノリ、魚、アーモンド、牡蠣などをバランスよく食べると薄毛治療になります。

日常生活を改善しても薄毛治療の効果が見られない場合、ヘアケアのしかたを見直してみることをお勧めします。自分では正しいと思っているヘアケアが実は薄毛治療にマイナスになっていることもあるからです。 シャンプーの時に力を入れてマッサージをすると頭皮が傷ついて抜け毛の原因になります。爪を立てず優しく揉み込むようにマッサージするのがコツです。また、髪の毛が傷むからといってドライヤーを使用しないで自然乾燥をすることもキューティクルの原因になります。必ずドライヤーでしっかり乾かすのが基本です。 育毛剤はシャンプーをした直後にすると有効成分の働きがアップします。育毛剤は沢山つければそれだけ効果が高まるわけではないので、決められた使用量を必ず守ることも大事です。